形成外科との違い

最後に、形成外科との違いについて説明します。美容整形は前述した通り、自身の美について追及するために行う整形のことを指します。しかし、形成外科は美のためではなく、外見上機能的に何かしらの問題があり、それを治療するために行うものです。それが概要としての違いですが、最大の違いは、美容整形が保険が適用されないのに対し、形成外科は保険が適用されるという点です。形成外科では治療ということになりますので、適用されるという理論です。

形成外科で行う治療についてですが、例えば顔を大やけどしてしまい、皮膚に大きな跡が残ってしまった場合です。それを目立たなくするために、体の他の皮膚を切り取り、縫い付けて治します。これは美容整形ではなく、形成外科で行います。やけどの跡はその人にとって非常に大きな問題ですので、それを治療するということになります。

このように、先天的、もしくは後天的に顔の表面上、または体のどこかに生活を送る上で問題になることがあれば、それを治療することができるのが形成外科です。美を求める美容整形とはそのような本質的な違いがあります。ただ、クリニックなどではどちらも行える場合が多いですので、そのような違いがある、ということだけを知っているくらいで十分でしょう。